安寿の小径

北千住のスピリチュアルな占い師 安寿のブログ http://anju.cho88.com/

ヒーリング始めます!

毎週月曜日、池袋パルコの占いコーナーで仕事をしてきましたが、その仕事を9月いっぱいでやめ、10月から毎週月曜日、鑑定所でヒーリングをすることに致しました。


ヒーリングとは大辞林によると、『心身に働きかけて、生命力、自己治癒力を引き出し、治癒、回復を促す活動』です。


私のヒーリングの方法は、中国の気功の様に手をかざし、『気』の代りに霊的エネルギーを送り込む方法で、いわゆる心霊治療の範疇に入ると思いますが、イギリスの心霊治療家たちのように、キチンとどこかで勉強したわけではないので、一瞬にして難病が治るほどの高度なものではありません。
それでも今までに自分自身や身内のケガや病気、友人たちの体調不良、勉強会に参加した人に対するヒーリングを通して、多少の効果がある事は確信しています。


『シルバー・バーチの霊訓』第一巻によりますと、『一口に心霊治療とは言っても、内面的にみれば磁気的なもので生理的ともいえるものと、心霊的ではあっても霊的とは言えないもの、(中略)その上にあるのが治療家を通して霊界の医師が症状に応じた治療エネルギーを注ぎ込むやり方で、患者の身体に一切手を触れずに一瞬のうちに治すことができます。
その治癒エネルギーは実は人間の全てに宿されているのです。霊的兵器庫の中にしまわれていて、努力次第で活用することができるのです。身体に自然治癒力があるように、霊的存在であるあなた方には霊的に治癒する力が備わっております。』


という事で、以前、気功を習っていた私は、ケガや病気の時に『気』を送って痛みや症状を楽にするという事を習慣にしていました。
けっこう症状がよくなることを実感するようになってからは身内や友人にもそれを試していました。
たぶん、そのことがきっかけとなって、私は『霊的兵器庫』にあった『霊的治癒』に関する能力を高めていったのだと思います。
自分の手に感じる磁力のようなものがどんどん強力になくと同時に、続けて何人もの人にエネルギーを送っても全然疲れず、かえって自分の体調までよくなることに気付いたのです。


『霊力は無限です』が、その霊力を送り込むためには『人間という道具を使用しなければならず、与えられた道具で最大の効果を上げるしかないのです』
とシルバー・バーチがちょっと嘆いているように、私はまだまだ未熟で、いくら霊界のお医者様たちが霊力をたくさん送ってくださっても、ほんのちょっとしか受け取ることができないようです。
『道具となるべき霊能者は受容能力を少しでも広く深くする努力をしなくてはなりません。霊性こそが霊力の分量を決することになるからです。』
私ももっともっと精進したいのですが、師となるべき方にもめぐりあえず、もっぱらイギリスの心霊治療家の本を読んで勉強するしかないのですが、やはりたくさんの人を実際に治療していく事が一番いいのではないかと考えたのです。


日常生活の中で、霊性を高める努力を続けるとともに、私の周りにいらっしゃる膝が痛い人、腰が痛い人などにヒーリングをさせていただき、その事によってもっともっと霊力を受容できるようにしたいと思います。


病気は『人間が神の摂理を犯し、物質と精神と霊の協調関係を乱』すことによっておこります。そしてまた病気は『当の患者に人生の目的と、存在の意義を成就するためになさねばならぬことを啓示するための手段で』すから、『心霊治療によって内部の霊的エネルギーにカツを入れて本来の協調性を取り戻させ』たり、また治療を通して、なんらかの霊的自覚を促す手助けをしなければなりません。


心霊治療の目的は、単に身体の障害を取り除いたり病気を治す事ではないのです。
『魂に霊的悟りをもたらせることこそ心霊治療の神髄』なのです。


私自身、病気やケガのたびに自分をヒーリングし、私が『小さな奇跡』と呼ぶような経験を何度もさせていただき、その度に神様の御力を感じ、信仰心が少しずつ深くなって行ったのです。


一人でも多くの方に私と同じような経験をしていただき、神様の存在を実感していただきたいと思います。


神様の存在を実感できる人生に不安はありません。
もし今の私が神様を知らなかったら、年々衰えていく頭や身体、年々減ってゆく年金や収入に、どんなにか毎日が不安で自分を不幸だと思うことでしょうか。


この安心を一人でも多くの方に知っていただきたいと思うのです。
そして同時に身体の不調が少しでも改善されるなら、こんなうれしい事はありません。


言い訳をするわけではありませんが、ヒーリングの効果は人によって違います。
シルバー・バーチも言っていますが、『霊的治療は魂がそれを受けるに価する段階に至るまでは何人といえども受けられません。いかに優れた治療家にも治せない患者がいる理由はそこにあります。治らないのは治療家の責任ではありません。患者の魂にそれを受け入れる準備が整っていなかったという事です。』


私はまだおそらく心霊治療家の見習いなので、能力不足は否めませんが、ヒーリングを受けた人の感想は本当に十人十色です。
同じ人でもその時によって違ったりします。


ご興味のある方は、私のホーム・ページ『安寿の小部屋』の『お問い合わせ』からご予約下さい。
ご予約時間が重なった場合、お待ちいただく事がありますのでご了承ください。
尚、ヒーリングは私のボランティア活動ですので無料です。
10月3日から始めます。
受付時間は午前11時から午後4時までです。




            北千住のスピリチュアルな占い師    安 寿