安寿の小径

北千住のスピリチュアルな占い師 安寿のブログ http://anju.cho88.com/

2024年はどんな年?

2月4日が立春で、占いの世界では新しい年の始まり、新しい運勢が動き始めます。 新年を占う年頭の新聞記事はというと、朝日新聞1面は、アメリカが『イラク、シリア7施設を空爆』です。戦争が拡大しそうで怖いです。 今年の世界情勢の占いは、本来なら希望と…

『それでも私は 介護の仕事を 続けていく』を読んで

六車由実(むぐるま ゆみ)さんという方が書いた『それでも私は 介護の仕事を 続けていく』という本を読みました。 私がこの本に惹かれたのは、遠くない将来お世話になるであろう介護施設の様子や低賃金でキツイ仕事というイメージの介護現場で働く方々の姿…

2024年もよろしくお願いします!

『明けましておめでとうございます』というのもためらわれる、元日の大地震です。 夕方の4時頃、パソコンに向かっていた時、一瞬めまいかなと思ったのですが、壁に掛けてあった額が揺れているのを見て、地震だと思いました。 大きくゆっくりと長い時間揺れて…

2023年 今年も有り難うございました。

2023年は、政府や国家を象徴する星、その星にはまた『争い』という意味もありますが、その星に凶神が廻っていました。 ロシアのウクライナ侵略戦争だけでも胸がつぶれる思いでしたのに、イスラエルまでがパレスチナのガザ地区に非人道的な攻撃を始めて、民間…

2024年 九紫火星の人の運勢

2024年 九紫火星の人の運勢 ( 2024年2月4日から2025年2月2日までの運勢 ) 次の生まれ年の人は九紫火星です。 (*元旦から節分までに生まれた人は、前年の一白水星になります。) S3 S12 S21 S30 S39 S48 S57 H3 H12 2024年、九紫火星の人の運勢…

2024年 八白土星の人の運勢

2024年 八白土星の人の運勢 ( 2024年2月4日から2025年2月2日までの運勢 ) 次の生まれ年の人は八白土星です。 (*元旦から節分までに生まれた人は、前年の九紫火星になります。) S4 S13 S22 S31 S40 S49 S58 H4 H13 2024年、八白土星の人の運勢…

2024年 七赤金星の人の運勢

2024年 七赤金星の人の運勢 ( 2024年2月4日から2025年2月2日までの運勢 ) 次の生まれ年の人は七赤金星です。 (*元旦から節分までに生まれた人は、前年の八白土星になります。) S5 S14 S23 S32 S41 S50 S59 H5 H14 2024年、七赤金星の人の運勢…

2024年 六白金星の人の運勢

2024年 六白金星の人の運勢 ( 2024年2月4日から2025年2月2日までの運勢 ) 次の生まれ年の人は六白金星です。(*元旦から節分までに生まれた人は、前年の七赤金星になります。) S6 S15 S24 S33 S42 S51 S60 H6 H15 2024年、六白金星の人の運…

2024年 五黄土星の人の運勢

2024年 五黄土星の人の運勢 ( 2024年2月4日から2025年2月2日までの運勢 ) 次の生まれ年の人は五黄土星です。(*元旦から節分までに生まれた人は、前年の六白金星になります。) S7 S16 S25 S34 S43 S52 S61 H7 H16 2024年、五黄土星の人の運勢…

2024年 四緑木星の人の運勢

2024年 四緑木星の人の運勢 ( 2024年2月4日から2025年2月2日までの運勢 ) 次の生まれ年の人は四緑木星です。(*元旦から節分までに生まれた人は、前年の五黄土星になります。) S8 S17 S26 S35 S44 S53 S62 H8 H17 2024年、四緑木星の人の運勢…

2024年 三碧木星の人の運勢

2024年 三碧木星の人の運勢 ( 2024年2月4日から2025年2月2日までの運勢 ) 次の生まれ年の人は三碧木星です。(*元旦から節分までに生まれた人は、前年の四緑木星になります。) S9 S18 S27 S36 S45 S54 S63 H9 H18 2024年、三碧木星の人は過去…

2024年 二黒土星の人の運勢

2024年 二黒土星の人の運勢 ( 2024年2月4日から2025年2月2日までの運勢 ) 次の生まれ年の人は二黒土星です。(*元旦から節分までに生まれた人は、前年の三碧木星になります。) S10 S19 S28 S37 S46 S55 H1 H10 H19 2024年、二黒土星の人の運勢…

2024年 一白水星の人の運勢

今年も早、来年の占いの季節となりました。 毎年申し上げることですが、この占いは各星の来年の運勢をざっくりと占ったもので、いわば運勢の天気予報です。 凶神の廻った時は、天気が荒れそうなので、計画を中止したり、しっかり準備したりする時で、運勢が…

2024年は心の時代の幕開けです

9月までは猛暑、10月に入って少し涼しくなってホッとしたら、1週間も経たないうちに11月中旬か下旬の寒さ。いったいどうなってるのかと不安になります。 その上鳥島付近では大きい地震が頻発していて、今朝は津波警報が出されていました。 2023年は各国の政…

残暑を忘れる、なんだかスカッとする本

『暑さ寒さも彼岸まで』と言いますが、お彼岸まであと数日だというのに、ずっと真夏日が続いています。 体調管理には気を付けていたのですが、昨日から風邪気味で、今日は頭痛の上に吐き気まで加わり、大事を取って朝から家に引きこもっていました。 風邪を…

軍拡してる場合ですか?こっち向いてよ総理!

今年、東京の8月はずっと真夏日で、それも35度を超える猛暑日が22日もありました。9月になったらという期待もむなしく、東京はまだ30度以上の蒸し暑い日が続いていて、やっと涼しくなったと思ったら台風の大雨。正に異常気象を体感中です。 それだけでもう…

軍拡へと暴走する危険な日本政府

今朝の朝日新聞第一面に「次期戦闘機の輸出容認」「条件満たせば殺傷能力のある武器も」という見出しが! 日本政府はろくな国会審議も経ずに、どんどん軍拡の方向へ突き進んでいるようです。 平和憲法のある国が、他国に武器を輸出するなんて、自分は喧嘩し…

ショック・ドクトリン

『政府のやりたい放題から 身を守る方法』という副題に心惹かれて、堤未果氏の『ショック・ドクトリン』(幻冬舎新書)を読んでみました。 (以下、「」の中の文は全てこの本からの引用です) 第二次安倍内閣の頃から、日本の政治は政治屋達のやりたい放題。…

怪談よりも怖い話

東京は連日殺人的な暑さに見舞われていますが、愚痴を言うのもはばかられるような異常気象に日本各地は苦しんでいます。 つい最近、西日本や東北地方など、日本海側を襲った豪雨の恐ろしさ、甚大な被害をもたらして通り過ぎた大型台風が、まだ停電も復旧して…

戦傷医療センターだって!こわい!

西日本を始め日本海側地域の凄まじい豪雨。太平洋側地域の連日の酷暑。 日本列島は容赦ない異常気象に見舞われています。 この状況に毎日耐えて行くだけでも一苦労なのに、新聞を見ると、不安になるような事ばかりで、異常気象だけでなく日本の先行きが本当…

自信がない人、癒されたい人にお勧めの本!

本好きの友人のお勧めで、『お探し物は図書室まで』(青山美智子著 ポプラ社)という本を読みました。 2021年本屋大賞第2位の本で、何度か新聞広告を目にして気になっていた本です。 この物語の主人公は5人で、それぞれを主人公とした短編小説風になっていま…

梅雨空でもスッキリ!

先日久しぶりに図書館に行って、あちこち見て回っていた時に、ふと目にとまった本が『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵著)という本でした。 片づける事の気持ちの良さは知っているので、片づけが嫌いな方ではありませんが、何せ我が家は手狭で、い…

パニック!

先日パソコンをネットにつないだ瞬間、いきなり画面が暗くなり、真っ赤な警告文が浮かび上がり、びっくりするほど大きな警告音が鳴り響いたのです。 女性の声で、「あなたのパソコンはトロイの木馬というウイルスに感染して、使えなくなりました。画面を閉じ…

曇天の霹靂 老いた身に突然起こる事

その日はジムも休みで、午前中自彊術体操に行って体をほぐし、午後はお客様、いつもより運動量の少ない日でした。 それなのに夕方6時頃、夕食の準備の最中、急に右足首の前部が痛いと感じました。 それから急に痛みが強まり、7時頃には部屋の中を歩くのがや…

『「子供をころしてください」という親たち』を読んで

まず、前回の『桜の下で平和を祈る』の中で、有機フッ素化合物を(PTAS)と書きましたが(PFAS)の誤りです。気付いた時には編集できなかったので、今回訂正とお詫びを申し上げます。 先日、押川 剛 著 『「子供を殺してください」という親たち』(新潮文庫…

桜の下で平和を祈る

4月1日土曜日の東京は久しぶりに良く晴れて暖かく、春風に誘われて、近所の桜並木に今年最後のお花見に出かけました。 場所によっては葉桜になっていましたが、それでもまだまだ満開に近い華やかな桜のトンネルの下を、そよ風にハラハラと散る桜吹雪を浴びな…

どうなる高市氏?

第二次安倍政権以降、日本はどんどんおかしくなっている気がします。 言論の自由を危うくする、放送法の政治的公平性を巡る解釈の見直しの経緯が記された総務省の行政文書が、立憲民主党の議員によって開示されて問題になっています。 今まではその放送局の…

罪深い私

昨年の暮れから、天井裏が騒がしくなってきました。 お向かいの古いアパートが壊されたせいで、我が家にまたネズミたちが引越ししてきたようです。 新しいお宅はネズミ対策がしっかりしているため、我が家のような築ウン十年の古家が狙われるのです。 以前に…

私の立春

節分も過ぎ、2月4日の今日は立春。東洋系の占いでは立春から新しい年がスタートします。(旧暦の元旦と立春は同じではありません。同じ日になるのは30年に一度で、ちなみに2023年の旧暦の元旦は2023年1月22日です。) 70歳を過ぎたころから身体のあちこちが…

プーチン氏の料理長 プリゴジン氏

凍てつく寒さの中、インフラを破壊されたウクライナの人々を思うと本当に心が痛みます。 一日も早く平和が訪れるよう、毎日祈らずにいられません。 最近、非合法の民間軍事組織ワグネルが堂々と戦果を主張するようになってきました。 そのワグネルの創始者プ…